お料理教室に通った時の話

ムダ毛処理に関しては、自分は特に人より濃い方だと思ったこともないし気になることはありませんでした。

あのお料理教室までは(笑)ある時お菓子作りが好きな友人に誘われてお菓子の教室に行ってみようという事になりました。冬だったのでムダ毛の処理はついついおろそかになっていたことは確かだったのですが迂闊でした。

stockfoto_81414561_XS作るものがお菓子なので小麦粉や砂糖など粉類を多く使うのでいつも以上の腕まくりは必至です(笑)外は寒かったのでみんな長袖でしたが衣服が汚れないように肘までみんな腕まくりをして奮闘しました。その時に見事に私だけ明らかに毛深かったのです!

ここまでなら自分の中の反省点だけで済んだのですが、たまたま着ていた服が袖にボタンが付いているデザインで、毛が引っかかってしまい近くにいた友人が見かねて直してくれたという始末。それからというものの、冬でももう少しきちんとムダ毛処理に気を使わないといけないなと反省しました!

でも見つけてくれたのが友達でヨカッタ(笑)

http://脱毛サロンおすすめjp.com/

虫歯菌は、幼少期にきまる

わたしが子供の頃、きちんと歯をみがいていたにもかかわらず、すぐに虫歯ができておりました

099307大人になってから、幼なじみの友人に虫歯の話をしたら、友人が子供のころは、歯をあまりみがかないし、甘いものもそれなりにたべていたにもかかわらず、虫歯にはほとんどかかったことがないそうです

わたしは、子供のころから、歯医者にかかるばかりで、口を開けたらつめものばかりなのに対して、友人の歯は、本当にきれいです。

きちんと歯をみがいていた自分がしょっちゅう、歯医者にかかり、なぜ、きちんとみがいていない友人が虫歯にならないのか、疑問に感じて調べていたら、虫歯菌の量だということがわかりました。

産まれたてのあかちゃんは虫歯菌がゼロなのですが、家族などのつかったスプーンなどで、虫歯菌がうつるみたいです。

わたしの家族は、子供のころから、親のつかったスプーンなどをつかってました。
自分に子供ができたら、スプーンや、コップなどの共有はやめたいと思います。

ブリアンの歯磨き粉が人気があります

友人の結婚式に2日連続で出席して感じたこと

私は20代女性です。
先日、友人の結婚式が2日連続で出席しました。しかも、会場が遠方の地域と地元で行われたため、怒涛のスケジュールです。
2日連続出席することで、新郎新婦それぞれのコンセプトによる違いを改めて実感しました。
4歳下の旦那さんと結婚した友人の披露宴は、若さ溢れる雰囲気でした。
例えば、新郎新婦の入場前に、映画館の開映前に流す撮影禁止など注意事項の映像に似せて、新郎新婦を心行くまで撮影して下さい、というような映像を流していました。
お互いの思い出写真を紹介する映像も、学生感覚を思い出させてくれる楽しい内容でした。
それに比べて、大学の同級生同士で結婚した夫婦の披露宴の内容は、友人である新婦の趣味趣向を存分に披露した内容となっていました。
すでにその夫婦は、ハワイで挙式を挙げていたため、ハワイアンな曲を流し続けたり、お色直しはお互いの両親と一緒にアロハシャツや、ハワイアンな恰好をして登場しました。
また、友人はジャニーズの嵐が大好きなため、お色直しの入場曲に嵐を選曲していました。
数曲だけ選曲するならまだしも、友人も見に行ったハワイで行われた嵐のコンサート映像をひたすら流したのです。
嵐の入場シーンと合わせてカウントダウンがなされ、お色直しをして登場してきた新郎新婦を見たときは、唖然としてしまいました。
その後は各テーブルごとに、新郎新婦と集合写真を撮影したのですが、その際もずっと嵐のコンサート映像が流れており、会場内は不思議な空気に包まれ、披露宴として盛り上がっているような盛り上がっていないような微妙な空気になったのは否めません。
2日間を通して、強く実感したことは、自分の趣味趣向を押し付け過ぎた披露宴は、絶対にしてはならないと思ったことです。